歯周病は、ギネスブックに『全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。地球上を見渡してもこの病気に侵されていない人間は数えるほどしかいない。』と認定されました。21世紀の医学の発展に伴いようやく歯周病と人体との戦いの関係が明らかになってきました。
歯周病の原因は歯周病菌であることは古くから知られていますが、原因菌によって人体への悪影響に差があること、発症のメカニズム、人間の持つ免疫と抵抗性、効果的な治療方法などが次々に明らかになってきています。
 『歯周病は感染症』であり、歯周病に完治はありません。しかしながら、進行を食い止め、緩解させることは可能です。
当センターでは、歯周病をどのように治療し、その後の生涯メインテナンスをどのようにしていくかを患者さんにお知らせし、最新の知見に基づいた歯周病治療を行ってまいります。

大阪歯周病センター所長  今西 恒夫